国内研究発表 Domestic Conference

1.       岩田 凌,伊呂原 隆,佐々木 喜仁,伊藤田 浩由,重なりのある配送時間枠を考慮した店舗出荷型ネットスーパーにおける配送計画問題,日本経営工学会秋季大会,2017112-3日,パシフィコ横浜

2.       建太朗,伊呂原 隆,佐々木 喜仁,伊藤田 浩由,店舗出荷型ネットスーパーにおける仕分作業を考慮したピッキングモデル,日本経営工学会秋季大会,2017112-3日,パシフィコ横浜

3.       佳欣,伊呂原 隆,濱田 雅人,池田 大介, 河合 , 青木 隆裕,物流センター内における出荷作業の効率化を目的とした摘み取り方式と種まき方式の選択,日本経営工学会秋季大会,2017112-3日,パシフィコ横浜

4.       青山 泰大,伊呂原 隆,豊泉 成典,松村 剛,横山 俊哉,新倉 修,自動車工場の部品倉庫において補充する部品の組合せを考慮したフォワード・リザーブ割当問題,日本経営工学会秋季大会,2017112-3日,パシフィコ横浜

5.       平田 和音,伊呂原 隆,豊泉 成典,松村 剛,横山 俊哉,新倉 修,自動車工場のリザーブエリアにおける部品の保管位置割当問題,日本経営工学会秋季大会,2017112-3日,パシフィコ横浜

6.       細田 順子,伊呂原 隆,容量および重量制約を考慮した物流拠点・配送ルートの決定,日本経営工学会秋季大会,2017112-3日,パシフィコ横浜

7.       伊呂原 隆,タイの洪水を事例とした人道支援ロジスティクスに関する研究,スケジューリング学会,人道支援ロジスティクス研究部会,201787日,かんぽの宿(熱海)

8.       依田 純,伊呂原 隆,濱田 雅人,物流センター内の種まき方式で生じるブロッキングを考慮した商品仕分けエリアのレイアウト設計,日本経営工学会春季大会,2017526-27日,龍谷大学 (京都)

9.       藤本 昂矢,伊呂原 隆,遺伝的アルゴリズムを用いたクロスドック倉庫における商品混雑の緩和を目的としたトラックスケジューリング,日本経営工学会春季大会,2017526-27日,龍谷大学 (京都)

10.    亀崎 拓也,伊呂原 隆,自動車工場の部品倉庫における棚の高さによるピッキング時間の違いを考慮した3次元の部品配置問題,日本経営工学会春季大会,2017526-27日,龍谷大学 (京都)

11.    伊呂原隆, Truck scheduling for minimizing and smoothing congestion in cross docking systems, 日本経営工学会 4回生産物流国際ワークショップ,20161030-31日,沖縄

12.    高橋 拓弥,伊呂原 隆,クロスドッキングセンターの出庫エリアにおけるシュート・ドック割り当てとその解法の提案,日本経営工学会秋季大会,20161028-29日,日本教育会館(東京)

13.    伊呂原 隆,複数デポを有するオーダーピッキングにおける納期遅れ及び歩行距離を考慮したバッチ作成と処理順序決定,日本ロジスティクスシステム学会,201664-5日,県立広島大学

14.    建太朗,伊呂原 隆,佐々木 喜仁,需要に基づく商品分類を考慮したピッキング形態の導入によるオーダーピッキングの効率化,日本設備管理学会 春季研究発表大会,201662日,早稲田大学

15.    岩田 凌,伊呂原 隆,佐々木 喜仁,ボロノイ図を基にした近似解法によるネットスーパーに対応した複数店舗における配送計画問題,日本設備管理学会 春季研究発表大会,201662日,早稲田大学

16.    昂佑, 伊呂原 , 小島 和弥,高久 龍一郎, 三島 圭一,清水 達也,桑山 尚司,マハラノビス距離を利用した複合機の品質診断,日本経営工学会春季大会,201652829日,早稲田大学

17.    Naoto Hirata, Zohreh Khojasteh-Ghamari and Takashi IroharaSupplier selection with facility location under the risk of supply,日本経営工学会春季大会,201652829日,早稲田大学

18.    Zohreh Khojasteh-Ghamari and Takashi IroharaA review of analytical approaches for managing the supply chain risk,日本経営工学会春季大会,201652829日,早稲田大学

19.    原田康平,伊呂原隆,Andre TeshimaGarry Donaghy,クロスドック方式における混雑の緩和と平準化を目的とした入出荷トラックスケジューリング,スケジューリング・シンポジウム2015講演論文集,pp.145-150, 2015926-27日,青山学院大学

20.    高橋拓弥,伊呂原隆,長沢敬祐,クロスドッキングセンターにおける出庫エリアの混雑緩和のためのシュート・ドック割り当て,日本経営工学会春季大会,201551617日,首都大学東京

21.    堀内琢矢,伊呂原隆,長沢敬祐,複数デポを有する倉庫のオーダーピッキングにおける総移動時間最小化問題のバッチ作成と処理順序決定,日本経営工学会春季大会,201551617日,首都大学東京

22.    妹尾真宏,伊呂原隆,長沢敬祐,複数種類の医療施設配置計画のベナン共和国における適用事例,日本経営工学会春季大会,201551617日,首都大学東京

23.    原田康平,伊呂原隆,長沢敬祐,斉藤輔,クロスドッキングセンターにおける総滞留量の最小化を目的としたトラックスケジューリング,日本経営工学会春季大会,201551617日,首都大学東京

24.    池田 雄人,長沢 敬祐,伊呂原 隆, ピーク電力と加工時間のばらつきを考慮した生産スケジューリング, 日本経営工学会秋季研究大会,20141189日,広島大学

25.    斉藤 輔, 長沢 敬祐, 伊呂原 隆, 出口 裕一, 花田 和己, 安部 和博, 岸 正泰, 清水 達也, クローズドループサプライチェーンにおける施設の統廃合に関する研究, 日本経営工学会秋季研究大会,20141189日,広島大学

26.    末次 悠人,長沢 敬祐,伊呂原 隆, 的場 洋輔,劉 樹苓, 間欠需要下における基点在庫方式の欠品量を考慮した最適な補充点, 日本経営工学会秋季研究大会,20141189日,広島大学

27.    長沢 敬祐,伊呂原 , 的場 洋輔,劉 樹苓, トラック容量を考慮した発注可能点方式における追加発注商品の発注量の決定, 日本経営工学会春季研究大会,201451718日,東京理科大学

28.    Wapee Manopiniwes and Takashi Irohara, Modeling relief disaster supply chain: A review of literature, 日本経営工学会春季研究大会,201451718日,東京理科大学

29.    Tomotaka Ohtsuka, Keisuke Nagasawa, Takashi Irohara, Yoshitaka Okada, Zomahoun D.C. Rufin, Agbovou Felix, Improving the road and railway transportation network in the Republic of Benin, 日本経営工学会春季研究大会,201451718日,東京理科大学

30.    Hiroshi Okamoto, Keisuke Nagasawa and Takashi Irohara, Transit planning considering border week for multiple product categories semiconductor industry,日本経営工学会春季研究大会,2014517-18日,東京理科大学

31.    長沢 敬祐,伊呂原 隆,的場洋輔,劉 樹苓,トラック容量を考慮したアソシエーション分析による発注方式の決定,第5回横幹連合コンファレンス,20131221-22日,香川大学

32.    原田 康平,長沢 敬祐,伊呂原 隆,リードタイムの短縮費用を考慮した発注点を決定変数とする在庫モデルの提案,日本経営工学会秋季研究大会,20131116-17日,日本工業大学

33.    江本 雅俊,長沢 敬祐,伊呂原 隆,赤木 宏匡,コスト増加率を保証した頑健なグローバルサプライチェーンの設計,日本経営工学会秋季研究大会,20131116-17日,日本工業大学

34.    黒河 健司,長沢 敬祐,伊呂原 隆,各作業員の生産性を考慮した物流センターにおける人員計画,日本経営工学会秋季研究大会,20131116-17日,日本工業大学

35.    大墨 龍一,長沢 敬祐,伊呂原 隆,物流センターにおける補充回数と在庫量のトレードオフを考慮した発注点と補充点の決定,日本経営工学会秋季研究大会,20131116-17日,日本工業大学

36.    塗 佑介,長沢 敬祐,伊呂原 隆,電力のピークシフトを考慮した生産スケジューリング,日本経営工学会秋季研究大会,20131116-17日,日本工業大学

37.    長沢 敬祐,伊呂原 隆,的場洋輔,劉 樹苓,トラック容量を考慮した発注点・補充点・発注可能点の決定,日本経営工学会秋季研究大会,20131116-17日,日本工業大学

38.    笹瀬 進吾,伊呂原 隆,山下英明,多重負荷AGVにおける残余加工時間を考慮した制御の有効性,日本経営工学会秋季研究大会,20131116-17日,日本工業大学

39.    Daisuke Yagi, Keisuke Nagasawa, Takashi Irohara, Hans Ehm and Geraldine Yachi, Semiconductor supply planning by considering transit options to take advantage of pre-productions and order cancellations, 日本経営工学会春季大会,2013518-19日,慶應義塾大学

40.    Ryuichi Osumi, Keisuke Nagasawa, Takashi Irohara, Yoshiyasu Matsuda and Atsushi Ino, Reexamination of optimal order-up-to-level and reorder-level in a distribution center, 日本経営工学会春季大会,2013518-19日,慶應義塾大学

41.    大澤 賢人,長沢 敬祐,伊呂原 隆,松田 吉康,猪野 貴士,物流センターにおける最適出荷作業方法の決定,日本経営工学会春季大会,2013518-19日,慶應義塾大学

42.    末次 悠人,長沢 敬祐,伊呂原隆,的場洋輔,劉 樹苓,定期発注方式における最適な安全在庫量・サービス率および発注間隔,日本経営工学会春季大会,2013518-19日,慶應義塾大学

43.    長沢 敬祐,伊呂原隆,的場洋輔,劉 樹苓,トラック容量および入荷費用を考慮した在庫調査日および発注量の決定,日本経営工学会春季大会,2013518-19日,慶應義塾大学

44.    長沢 敬祐,伊呂原隆,的場洋輔,劉 樹苓,トラック容量を考慮した複数商品の発注量の決定,日本経営工学会秋季研究大会,20121117-18日,大阪工業大学

45.    江本雅俊,落久保佑,伊呂原隆,赤木宏匡,需要の不確実性を考慮したグローバルサプライチェーンの設計,日本経営工学会秋季研究大会,20121117-18日,大阪工業大学

46.    伊呂原 隆,Supply chain planning with the consideration of the CO2 emissions, 4回横幹連合総合シンポジウム,2012111-2日,日本大学・生産工学部(津田沼キャンパス)

47.    長沢 敬祐,伊呂原隆,的場洋輔,劉 樹苓,商品の出荷傾向を用いたロジスティック回帰分析による発注方式の選択,日本経営工学会春季大会,2012526-27日,法政大学

48.    江本雅俊,伊呂原隆,貨物の積み替えコストと各地点での積載容量別キャリアの滞留と不足の防止を考慮したハブ配置問題,日本経営工学会春季大会,2012526-27日,法政大学

49.    辻内陵志,伊呂原隆,Combination of batch and zoned bucket brigades picking with cart in a distribution center, 日本経営工学会春季大会,2011528-29日,愛知学院大学

50.    落久保佑,伊呂原隆,生産・在庫およびCO2排出を考慮した国際輸送計画,日本経営工学会春季大会,2011528-29日,愛知学院大学

51.    渡辺幸太,伊呂原隆,見込・受注生産環境における作業負荷の分散を考慮した生産座席システムの評価,日本経営工学会春季大会,2011528-29日,愛知学院大学

52.    長沢敬祐,伊呂原隆,的場洋輔,劉 樹苓,商品毎の出荷傾向に応じた発注方式の選択,日本経営工学会春季大会,2011528-29日,愛知学院大学

53.    近本拓也,伊呂原隆,藤川裕晃,積載率を考慮したCO2排出量最小化のための配送計画問題における最適解の分析,日本経営工学会春季大会,2011528-29日,愛知学院大学

54.    河野竜一,宮本裕一郎,伊呂原隆,A tabu search approach for solving a hub location problem with empty transportation, 日本経営工学会秋季研究大会,20101023-24日,福岡工業大学

55.    伊呂原隆,廣石貴也,荒木勉,斉藤毅,アサヒビールにおけるRFIDを用いた生ビール用ガスボンベの適正本数算定に関する研究,日本経営工学会春季大会,2010515-16日,日本大学

56.    薛c東,伊呂原隆,Multi-objective Optimization for International Transportation Scheduling Problem Incorporating CO2 Emission Levels, 日本経営工学会春季大会,2010515-16日,日本大学

57.    内田直樹,伊呂原隆,順序依存段取り時間を考慮した並列機械スケジューリング問題に対するTSP手法の応用, スケジューリングシンポジウム,2009917-18日,岡山大学

58.    鄭貞子,伊呂原隆,多品種生産により生じる着手待ちリードタイムの変動を考慮した発注点方式に関する研究,日本ロジスティクスシステム学会全国大会,豊橋創造大学,2009627-28

59.    内田直樹,伊呂原隆,順序依存段取り時間を考慮した並列機械スケジューリング問題の最適化,日本経営工学会春季大会,2009516-17日,城西大学

60.    野々垣陽介,藤井進,伊呂原隆,宮本裕一郎,井上達男,小物FMSの自律的運用法の基礎的研究,日本機械学会,生産システム部門研究発表講演会,法政大学,2009310

61.    折登,山本,井ノ口,下田,伊呂原,GAと相関係数による動的選択アセットで構成されるポートフォリオの最適化,人工知能学会,第2回ファイナンスにおける人工知能応用研究会,東京理科大学,2009125

62.    井上高尚,伊呂原隆,多層階の製薬工場におけるレイアウト評価に関する研究,日本経営工学会秋季研究大会,20081018-19日,大阪府立大学

63.    角元謙太,伊呂原隆,CO2排出を考慮した国際輸送計画問題の最適化とその感度解析,スケジューリングシンポジウム,2008919-20日,青山学院大学

64.    藤井進,植竹友彦,伊呂原隆,森口聡子,宮本裕一郎,生産管理システムの効率的導入のための分散仮想工場-MRPシステムの導入-,日本機械学会,生産システム部門研究発表講演会,産業技術大学院大学,200874

65.    本橋智光,藤井進,伊呂原隆,宮本裕一郎,森口聡子,双方向型オークションに基づくジョブショップスケジューリングに関する研究,第52回システム制御情報学会研究発表講演会,京都情報大学院大学,2008516-18

66.    角元謙太,伊呂原隆,CO2排出を考慮した国際輸送ネットワーク最適化問題に関する研究,日本経営工学会 春季大会,2008510-11日,電気通信大学

67.    山下英明,伊呂原隆,確率的施設配置問題について,日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会,2008325-26日,京都情報大学院大学

68.    鈴木嘉一,伊呂原隆,天井引上げ式搬送装置を用いた半導体工場における設備配置とバッファ配分に関する研究,日本設備管理学会 秋季研究発表大会,論文集pp.175-18020071121-22日,神戸市産業振興センター

69.    堀田卓志,伊呂原隆,藤井進,山下英明,AGVの搬送スケジューリングを考慮した確率的職場配置問題に関する研究,日本経営工学会秋季研究大会,20071020-21日,小樽商科大学

70.    高橋裕太,伊呂原隆,藤井進,順序依存段取り時間を考慮したハイブリッドフローショップスケジューリング問題に対するラグランジュ分解調整法,スケジューリングシンポジウム,京都大学,200792930

71.    伊呂原隆,多層階工場レイアウト問題の定式化と妥当不等式の提案,日本経営工学会 春季大会,2007512-13日,成蹊大学

72.    堀田卓志,伊呂原隆,藤井進,山下英明,AGV台数の設定を考慮した確率的職場配置問題に関する研究,第49回自動制御連合講演会,20061125-26日,神戸大学

73.    戸泉和也,渡辺浩司,伊呂原隆,2段階セル生産において作業者数設定を行うスケジューリング方法の提案,スケジューリングシンポジウム,2005929-30日,神戸大学

74.    渡辺浩司,戸泉和也,伊呂原隆,非一様型並列機械において納期ずれ最小化を行うスケジューリング方法の提案,スケジューリングシンポジウム,2005929-30日,神戸大学

75.    伊藤隆史,伊呂原隆,エレベータ台数並びにその利用方法を考慮した多層階レイアウトに関する研究,日本経営工学会秋季大会,2005915-16日,愛知学院大学

76.    伊藤隆史,伊呂原隆,ロケーション・マトリックスを用いた職場とエレベータ位置の同時最適化技法,日本経営工学会春季大会,2005514-15日,日本大学

77.    今堀昭博,伊呂原隆,外部委託を考慮した複数デポ状況下での時間枠付き配送計画問題,日本経営工学会春季大会,2005514-15日,日本大学

78.    村田泰一,伊呂原隆,藤川裕晃,エリア分割を用いたVMIモデルにおける在庫配送計画の最適化,日本経営工学会春季大会,2005514-15日,日本大学

79.    渡辺浩司,戸泉和也,伊呂原隆,機械の性能差を考慮した並列機械スケジューリング問題に対するラグランジュ分解調整法,日本経営工学会春季大会,2005514-15日,日本大学

80.    伊呂原隆,ものづくりマネジメントの最新動向:工場内物流を効率化するレイアウト設計,日本機械学会 研究分科会 RC211:ヒトを取り込み活かすモノづくりのための高技能システム化技術に関する研究分科会,学士会館,2005413

81.    山田拓也,伊呂原隆,通路及びI/Oポイントの決定を含む統合的職場配置技法の提案,日本経営工学会 秋季研究大会,20041023-24日,金沢工業大学

82.    戸泉和也,伊呂原隆,セル生産において作業者数設定を行うスケジューリング方法の提案,スケジューリングシンポジウム,2004929-30日,静岡大学(浜松)

83.    戸泉和也,伊呂原隆,生産変動を考慮した並列機械スケジューリング問題に対するラグランジュ分解・調整法,日本経営工学会春季大会,2004522-23日,高崎経済大学

84.    藤川裕晃,根塚俊宏,伊呂原隆,グローバル生産環境においてオペレーション費用を最小化する輸送手段選択問題,日本経営工学会春季大会,2004522-23日,高崎経済大学

85.    三田村康雄,伊呂原隆,納期ずれ最小化を目的とするUnrelated parallel machine scheduling problemに対するラグランジュ分解・調整法〜動的計画法を用いた実行可能解生成〜,日本経営工学会秋季研究大会,200310月,大阪工業大学

86.    山田拓也,伊呂原隆,工場レイアウト問題におけるニュートン法を用いた通路の設定,日本経営工学会秋季研究大会,200310月,大阪工業大学

87.    藤川裕晃,伊呂原隆,白井裕,VMI倉庫のある工場での職場レイアウト,日本経営工学会春季大会,2003517-18日,電気通信大学

88.    山下英明,伊呂原隆,石塚陽,The stochastic facility layout problems in manufacturing systems 日本オペレーションズ・リサーチ学会・待ち行列研究部会,2003120-22(掛川)

89.    藤川裕晃,伊呂原隆,白井裕,柱の位置を考慮した多層階レイアウト技法の開発,日本経営工学会秋季研究大会予稿集pp.34-35 200211910(福島大学)

90.    三田村康雄,白井裕,伊呂原隆,性能が異なるマシンを考慮したパラレルマシンスケジューリング問題に対するラグランジュ分解・調整法,日本経営工学会春季大会(慶應義塾大学)2002518

91.    白井裕,藤川裕晃,伊呂原隆,吉本一穗 ,柱の位置を考慮しデッドスペースを最小化する職場配置方法の研究,日本経営工学会秋季大会,200111

92.    藤川裕晃,白井裕,伊呂原隆,吉本一穗,クリーンルームの補機室面積と配管長の最小化に関する研究,日本経営工学会秋季大会,200111

93.    石塚 陽,伊呂原隆,生産効率最大化を目的とした職場配置および在庫スペース配分問題,日本経営工学会秋季大会,200111

94.    伊藤 麿,伊呂原隆,白井裕,在庫面積を考慮した多目的最適化による工場レイアウト技法の開発,日本経営工学会春季大会,20015

95.    藤川裕晃,白井裕,伊呂原隆,吉本一穗,類似度係数を用いた多層階工場の階数およびレイアウト決定方法に関する研究,日本経営工学会春季大会,20015

96.    伊呂原隆,山下英明,石塚陽,バッファスペースの配分を考慮した工場レイアウトに関する研究,日本経営工学会秋季大会,200011

97.    伊呂原隆,工場レイアウトの設計プロセスにおける多目的最適化,電気学会(情報システム研究会) 200010

98.    甲斐健也,伊呂原隆,遺伝的アルゴリズムを用いた多目的最適化による多層階レイアウト技法の開発,日本経営工学会春季大会,20005

99.    成田俊充,村松弘幸,伊呂原隆,吉本一穂,職場レイアウトを考慮したターミナル型AGVシステム設計技法の開発 ,日本経営工学会春季大会,19995

100. 鈴木卓,伊呂原隆,吉本一穂,需要量が確率的な場合に臨時トラックの使用を考慮に入れた配送ルート決定技法の開発,日本経営工学会春季大会,19995

101. 重原元,村松弘幸,伊呂原隆,吉本一穂,作業者の割り当てを考慮したセルフォーメーション技法の開発,日本経営工学会春季大会,19995

102. 村松弘幸,杉山 誠,伊呂原隆,吉本一穗,セルレイアウト設計に関する研究― セルフォーメーションとセルレイアウトを同時に考慮した技法の開発―,日本経営工学会春季大会 19975

103. 室伏利彦,池澤克就,伊呂原隆,吉本一穗,Main通路設定を考慮した異形状異面積職場レイアウト技法の開発,日本経営工学会春季大会,19975

104. 伊呂原隆,吉本一穗,大規模な職場配置問題における配置変更方法に対する一考察,日本経営工学会秋季大会,199610

105. 池澤克就,伊呂原隆,吉本一穗,通路を考慮した異形状・異面積のレイアウト技法開発,日本経営工学会秋季大会,199610

106. 伊呂原隆,レイアウト技法へのモダンヒューリスティックスの適用,日本経営工学会春季大会,19965

107. 鈴木茂明,伊呂原隆,吉本一穗,レイアウト技法の実用化への試み(石油化学プラントにおける事例),日本経営工学会春季大会,19965

108. 川端健一,伊呂原隆,吉本一穗,工場レイアウト評価問題へのISMAHP適用に関する事例研究 ,日本経営工学会春季大会,19965

109. 森田順也,杉山 誠,伊呂原隆,吉本一穗,多層階工場におけるレイアウト構築技法−建築制約と物流を考慮した技法の開発,日本経営工学会春季大会,19965

110. 池澤克就,西村 剛,伊呂原隆,吉本一穗,職場間に通路を考慮したレイアウト技法の開発−物流経路の最適化に対するGAの適用−,日本経営工学会春季大会,19965

111. 宮本茂卓,伊津野英樹,伊呂原隆,吉本一穗,新たな逆ポーランド記法を用いた職場配置表現法の開発−PMX法を導入したGAの適用− ,日本経営工学会春季大会,19965

112. 伊呂原隆,吉本一穂,建屋・職場の形状及び面積に制約を持つ職場配置問題の一解法,日本経営工学会秋季大会,199511

113. 宮本茂卓,伊呂原隆,吉本一穗,異形状・異面積の職場配置問題へのGAの適用〜逆ポーランド記法による職場配置表現〜,日本経営工学会春季大会,19955

114. 池澤克就,伊呂原隆,吉本一穗,異形状・異面積職場のダイナミックレイアウトにGAを適用した技法の提案,日本経営工学会春季大会,19955

115. ウィラパット・セスブーン,伊呂原隆,吉本一穗,FMS設計における意思決定のためのシミュレーションとエキスパートシステムの利用,日本経営工学会春季大会,19955

116. 伊呂原隆,斎藤 文,吉本一穗,職場配置問題の整数計画法を用いた定式化,日本経営工学会秋季大会,199411

117. 伊呂原隆,斎藤 文,吉本一穗,整数計画法を用いた職場配置問題の解法〜異形状・異面積の職場を扱う場合〜,日本経営工学会秋季大会,199411

118. 斎藤 文,山本裕之,伊呂原隆,吉本一穗,建屋・職場の形状を制約条件に持つ設備配置問題における最適解法に関する研究,日本経営工学会秋季大会,199411

119. 伊呂原隆,斎藤 文,吉本一穗,施設配置問題へのハイブリッドシミュレーションの適用,日本経営工学会秋季大会,199311

120. 伊呂原隆,斎藤 文,吉本一穗,施設配置問題へのシミュレーテッド・アニーリング法の適用,日本経営工学会春季大会,19935