著書・翻訳書

1.     共著:Zohreh Khojasteh-Ghamari and Takashi Irohara, Chapter 1: Supply Chain Risk Management: A Comprehensive Review, Book title: Supply Chain Risk Management, Springer, (2017) ISBN 978-981-10-4106-8, DOI 10.1007/978-981-10-4106-8

2.     共著:Wapee Manopiniwes and Takashi Irohara, Integrated Relief Supply Distribution and Evacuation: A Stochastic Approach, Toward Sustainable Operations of Supply Chain and Logistics Systems, Springer International Publishing, Part IV, pp. 297-308, (2015) ISBN 978-3-319-19005-1, DOI 10.1007/978-3-319-19006-8_20

3.     共著:日本経営工学会編集『ものづくりに役立つ 経営工学の事典』,朝倉書店,2014120日,ISBN978-4-254-27022-8 C3550

4.     共著:Takashi Irohara, Yong-Hong Kuo and Janny M.Y. Leung, From Preparedness to Recovery: A Tri-level Programming Model for Disaster Relief Planning, Computational Logistics, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 8197, pp.213-228, 2013, Springer, ISBN=978-3-642-41018-5
(Proceedings  of 4th International Conference on Computational Logistics, ICCL 2013, Copenhagen, Denmark, September 25-27, 2013)

5.    共著:社団法人電気学会・進化技術応用調査専門委員会編:『進化技術ハンドブック―第V巻 応用編(生産・物流システム)―』,伊呂原隆・第25(施設・設備管理)の編集担当責任者および伊呂原隆・25.3確率的職場配置モデル(pp.521-525)執筆,近代科学社,2012627日,ISBN 978-4-7649-0426-2

6.    共著:Susumu Fujii, Tomomitsu Motohashi, Takashi Irohara and Yuichiro Miyamoto, A Basic Study on the Installation of Distributed Autonomous Production Scheduling System in Ubiquitous Environment, Advances in Production Management Systems. New Challenges, New Approaches, IFIP Advances in Information and Communication Technology Volume 338, pp.41-48, 2010, Springer, ISBN=978-3-642-16357-9

7.    共著:Takashi Irohara, Progress in Material Handling Research: 2008』, “A Stochastic Facility Layout Problem with Delivery-Dispatching Rules for AGV, pp.261-276を執筆,Material Handling Institute Charlotte, NC, USA (2008) ISBN 978-1-882780-15-0

8.    共訳書:黒田充,大野勝久監訳 『サプライチェーンハンドブック』,伊呂原・第9章 「階層的計画・モデル化・先進的計画システム」を担当,朝倉書店,20081125日,ISBN=978-4-254-27013-6

9.    共著:高橋勝彦,伊呂原隆,関庸一,平川保博,森川克己:『シミュレーション工学』,朝倉書店,2007915日,ISBN=978-4-254-22834-2

10.  共著:樋口良之,伊呂原隆,川向肇,斉藤伸也,松田祐哉:『離散系のシステムモデリングとシミュレーション解析』,三恵社,2007120日,ISBN=4-88361-440-9

11.  共著:() 日本機械学会編,『機械工学便覧』デザイン編,β7 生産システム工学,日本機械学会発行,2005725日,ISBN 4-88898-126-4

12.  共著:Takashi Irohara, Progress in Material Handling Research: 2004』, “Location matrix based design methodology for the facility layout problem including aisles and door locations” pp.153-179を執筆,Material Handling Institute Charlotte, NC, USA (2004) ISBN 1-882780-11-6 

13.  共訳書:P.M.スワミダス著/黒田充,門田安弘,森戸晋監訳,『生産管理大辞典』,TPM, 保全管理の意思決定モデルを執筆,朝倉書店,20041125日,ISBN 4-254-27007-0

14.  共著:() 日本経営工学会編 『生産管理用語辞典』,設備管理分野を執筆,日本規格協会,2002325日,ISBN 4-542-20154-6

15.  共著:荒木勉,伊呂原隆:『品質管理〜Excelで学ぶ経営科学入門シリーズV〜』,実教出版,2000720日,ISBN 4-407-02810-6

16.  共著:() 日本オペレーションズ・リサーチ学会編,『OR事典2000』事例編,A-7 設備計画・管理・保全を執筆,2000525

17.  共著:圓川隆夫,黒田充,福田好朗編 『生産管理の事典』 第T部 機能編(9.工場計画)の章を執筆,朝倉書店,1999111日,ISBN 4-254-27001-1

18.  共著:吉本一穂,伊呂原隆:『POM 生産と経営の管理』,日本規格協会,1999825日,ISBN 4-542-70130-1

19.  共訳書:吉本一穂監訳,施設計画研究会訳:『施設計画の理論と実践』 (原著タイトル:Facilities Planning),日本能率協会マネジメントセンター,19971210日,ISBN 4-8207-3120-3

 

招待講演

1.    伊呂原 隆,物流センター内の入出荷業務を効率化する数理的アプローチ,食品物流セミナー,東京ビッグサイト,2017915

2.    伊呂原 隆,物の流れの視覚化・定量化を活用した物流システムの設計,日本マテリアル・ハンドリング協会設立60周年記念行事・中日物流フォーラム,東京ビッグサイト,2016105

3.    伊呂原 隆,物流センターの生産性向上を実現する最適化の考え方,日本マテリアル・ハンドリング協会主催 平成28年度第3MHフォーラム(Material Handling Forum),公益社団法人 日本包装技術協会会議室(東劇ビル10F)2016831

4.    伊呂原 隆,Optimization of the order-up-to and reorder levels for each item in the forward area of warehouse,早稲田大学,2016115

5.    伊呂原 隆,物流センターのオーダーピッキング工程における在庫管理,筑波大学,2015522

6.    Takashi Irohara, Supply chain planning with the consideration of the CO2 emissions, International Transportation Scheduling Problems Incorporating CO2 Emission Levels, Petra Christian University, Surabaya, Indonesia, August 20th, 2013

7.    伊呂原 隆,エネルギー消費量を考慮した生産スケジューリングに関する研究,CAE Power2012(主催:伊藤忠テクノソリューションズ),目黒雅叙園,2012103

8.    伊呂原 隆,包装設備レイアウト検討の重要性と現状分析・改善手法,2012東京国際包装展・包装力向上セミナー(主催:公益社団法人 日本包装技術協会),東京ビッグサイト,2012102

9.    伊呂原 隆,工場レイアウト検討の重要性,Otsuka & Autodesk Collaboration Day2012, (主催:株式会社 大塚商会),大塚商会本社ビル,東京,2012518

10.  伊呂原 隆,工場レイアウトの設計・評価におけるシミュレーションの活用,日本マテリアル・ハンドリング協会主催 平成22年度研究会,社団法人 日本包装技術協会 会議室(東劇ビル10F)2010824

11.  Takashi Irohara, International Transportation Scheduling Problems Incorporating CO2 Emission Levels, Pohang University of Science and Technology (POSTECH), Pohang, South Korea, March, 24th, 2010

12.  伊呂原 隆,生産準備から製造段階におけるシミュレーションの重要性,シミュレーションを活用した生産・物流革新セミナー(主催:電通国際情報サービス:ISID)ISID品川本社,東京,20091027

13.  伊呂原 隆,施設レイアウトの分析と改善手法,最先端のレイアウト改善手法紹介セミナー(主催:伊藤忠テクノソリューションズ:CTC),虎の門パストラルホテル,東京,2009729

14.  伊呂原 隆, 工場レイアウトの評価におけるシミュレーションの活用,WITNESSユーザーカンファレンス(主催:伊藤忠テクノソリューションズ:CTC),虎ノ門パストラルホテル,東京,2008116

15.  Takashi Irohara, Single and Multi floor Facility Layout Problem based on meta-heuristics algorithm, Department of Statistics and Operations Technology, Daniels College of Business, University of Denver, CO, USA, September 22nd, 2006

 

特許

    発明の名称:レイアウト図作成装置     発明者:鈴木茂明,吉本一穂,伊呂原隆

    特許公開日:平成10(1998)630     特許出願公開番号:特開平10-177585 

その他

1.    伊呂原 隆,中出康一,JIMAの現状と課題,将来展望 〜 研究・表彰担当理事の視点から〜,経営システム誌,Vol.27No.3pp.〇〇-〇〇, 201710

2.    伊呂原 隆,赤木宏匡,産学連携の強化に向けた提言と期待,IEレビュー,Vol.58, No.2 (300), pp.43-48, 201751

3.    伊呂原 隆,生産/物流分野における産学連携の実践と今後への課題,経営システム誌,Vol.27No.1pp.17-23, 20174

4.    河合正矩,北條正樹,伊呂原隆,安藤康行,日本マテリアル・ハンドリング協会創立60周年記念座談会,MHジャーナル,創立60周年記念誌,pp.10-1620167

5.    澤村治道, 伊呂原隆, 赤木宏匡,鈴木久幸,菅野 孝洋, 「米国IE協会年次化大会」に参加して, 経営システム誌,Vol.25No.3pp.200-201, 201510

6.    伊呂原 隆,2015年春季大会Best Presentation Award報告,経営システム誌,Vol.25No.3p.199, 201510

7.    伊呂原 隆,研究部門の活動報告,経営システム誌,Vol.25No.1pp.51-53, 20154

8.    大久保寛基,伊呂原隆,小特集:サービス業における生産性向上のための産学官連携,経営システム誌,Vol.24No.4p.191, 20151

9.    伊呂原 隆,生産・物流のリスクマネジメント[特集テーマの狙い]IEレビュー,Vol.54, No.5(283), pp.4-5, 201312

  1. 伊呂原 隆,連載 実務に役立つ最新生産マネジメント(最終回) 『産業構造ビジョンと経営工学〜アフリカを一例としたグローバル生産マネジメント〜』,工場管理,Vol.57No.10pp.110-11120119
  2. 伊呂原 隆,サービス産業におけるIEの活用[特集テーマの狙い]IEレビュー,Vol.51, No.2, pp.4-5, 20105
  3. 松井正之,鈴木久敏,椿広計,大場允晶,伊呂原隆,経営高度化のための知の統合を目指して,横幹(横断型基幹科学技術研究団体連合)Vol.4No.1pp.2-5, 20104
  4. 伊呂原 隆,連載 現場で役立つ経営工学 第13回 『工場レイアウトの分析と改善』,工場管理,Vol.55No.11pp.106-11020099
  5. 伊呂原 隆,国際会議報告 IMHRC2008参加報告,経営システム誌,Vol.18No.5200812
  6. 伊呂原 隆,業界をリードする光技術の創造企業,IEレビュー,Vol.49No.4pp.60-64, 200810
  7. 伊呂原 隆,工場実習が導いた大学教員への道,Communication of the WIA,早稲田経営システム工学会,No.73-2, pp. 13-18, 200712
  8. 伊呂原 隆,米国SCM研究最前線レポート(VI),経営システム誌,Vol.16 No.6 pp.391-392, 20072
  9. 伊呂原 隆,米国SCM研究最前線レポート(V), 経営システム誌,Vol.16No.5pp.310-311, 200612
  10. 伊呂原 隆,米国SCM研究最前線レポート(IV),経営システム誌,Vol.16No.4pp.241-242, 200610
  11. Takashi Irohara, Single and Multi floor facility layout problem, The Logistics Institute seminar, School of Industrial and Systems Engineering, Georgia Institute of Technology, Atlanta, GA, USA, June 1st, 2006
  12. 伊呂原 隆,アルゴリズムについて,モノ・マガジン,No.5292005122日号
  13. 伊呂原 隆,先進的スケジューリング(APS)の方法・展望・課題[特集テーマの狙い]IEレビュー,Vol.46, No.2, pp.4-5, 20055
  14. 伊呂原 隆,「日本経営工学会活性化へのアプローチ ―若い芽から―」,経営システム誌,Vol.15No.1pp.57-58, 20054
  15. 鈴木 昌史,伊呂原隆,老舗めっき会社におけるITの活用 〜 進捗管理システムと不具合情報の蓄積 〜,IEレビュー,Vol.46, No.1, pp.47-51, 20053
  16. 岡部 卓司,伊呂原隆,日本の伝統工芸文化を継承するモノづくり人材の育成,IEレビュー,Vol.45No.4pp.55-59200410
  17. 伊呂原 隆,需要に適した生産ライン導入と協力会社を含めた短納期生産:会社探訪(三菱電機株式会社 名古屋製作所・可児工場)IEレビュー,Vol.45No.2pp.65-7120045
  18. Takashi Irohara, Hideaki Yamashita, and Yo Ishizuka "Stochastic Facility Layout Problems in Production Systems with Variable Processing Times", Research Report(上智大学理工学部機械工学科 学術報告) No.25, pp.1-14, Department of Mechanical Engineering, Sophia University, February, 2003
  19. 伊呂原 隆, 生産効率を評価基準とした新たなレイアウト技法, IEレビュー Vol.43 No.3, pp.56-57, 20028
  20. 設備管理分野分担執筆,JIS 生産管理用語 JIS Z 8141:2001(JIMA/JSA),日本工業標準調査会審議,日本規格協会発行,2001320日 改正
  21. 座談会「新しい経営工学への挑戦」--若手研究者座談会,(特集 経営工学を展望する--日本経営工学会創立50周年記念号),伊呂原隆,他,経営システム誌,日本経営工学会,Vol.10No.1pp.3-920004