Welcome to the Home Page of
John Joseph Puthenkalam, S.J.



学部 講義スケジュール
Classes will be in Japanese.

2018年度(秋学期)
経済・経営の倫理」
Economics and Business Ethics
  ジョン ジョセフ プテンカラム
Class Room: 6-404 (木/1@ 9:15 am)

講義概要
「経済・経営の倫理」では、世界規模で行
われる経済活動において、人間尊重という
価値観を基盤に、国際的視野をもって、21
世紀に向けてのビジネスのありかたを学習
する。具体的には、経済経営活動に必要な
労働者、資本、技術、ミクロ&マクロ知識
を分析する。また、新経済秩序のもとで国
際機関、多国籍企業の責任、第三世界と先
進諸国間の経済活動についても研究する。
企業経営における国際化がいっそうすすむ
現代、経営者に限らず組織のすべての人
が、経済・経営倫理を学ぶことが求められ
ている。現代社会の中での経済、経営に関
わる問題について学び、倫理的な考察にも
とづいて、必要な行動様式を探求する。
評価方法
出席状況(20%)、授業参画(20%)、リアクシ
ョンペーパー(10%)、レポート(50%)
出席、発表、ディスカッション、レポート
/試験によって成績が決まる。
発表
(プレゼンテーション)
下記テキストは,クラスで異なるため,初
回の授業で各担当教員から指示される。
上智大学人間学研究室編『かかわりの人間
学』または,ハイメ・カスタニエダ,井上
英治編『現代人間学』春秋社 等。
テキスト
ジョン・ジョセフ・プテンカラム『倫理の
理論』 AFJ出版・東京・2006
参考書
「ビジネス・エシックス」リチャード・
T・ディジョージ、明石書店、1995
他学部・他学科生の受講
その他参考:
学部シラバス (経済学部)

講義テーマ
トピック・イントロダクション:上智のヒューマニズムと倫理T
個人的道徳から社会的倫理
社会・経済・経営問題の分析
資本主義社会の分析
労働者と労働と倫理/資本家と資本と倫理
技術家と技術と倫理/企業家と企業と倫理
福祉型資本主義システム
マルクス社会主義システム
国際機関と倫理
10 グロバリゼーションと倫理
11 多国籍企業の社会的責任
12 開発倫理:発展途上国の貧困と飢餓、etc.
13 企業とビジネスの役割
14 市民社会の促進
15 まとめ


メール
メール