講義参考資料2018 鈴木雄雅 上智大学(新聞学科) 2018/6/25 更新


PDF論文のファイルを読むには、無料閲覧用ソフトウェア Adobe Acrobat Readerが必要です。最新版をご利用ください。
Welcome to our Multiple Medialink  も参照
   北海道新聞 号外
   
コミュニケーション、マス・メディア史
日本のジャーナリズム史関連
戦争とジャーナリズム

ヨーロッパのジャーナリズム/ジャーナリズム史
グローバリゼーションとメディア

博物館/資料館
S教授の「情報社会を読む」 こちら
OCW 「ジャーナリズム史T」 映像でご覧いただけます
   「新聞を読んで」 『東京新聞』(2009/7〜2010/6)
コミュニケーション、マス・メディア史
       
3万年前の芸術 フランス南東部ショベ洞窟画(朝日01/10/04)
A.Hart メディア発達の歴史
香内三郎 情報メディアの系譜と情報技術革新の歩み 香内三郎・山本武利『メディアの現在形』(新曜社、1993
香内三郎 15世紀の活版印刷技術の普及 香内三郎『活字文化の誕生』(晶文社、1982)
慶応大学 慶應義塾大学グーテンベルグの42行聖書 慶応義塾大学図書館
鈴木雄雅 第3世界のマス・メディアの歩み 96年国際コミュニケーション
アジアのメディアの歩み
A Short History of Asia's Mass Media "Satellite Broadcasting and the Asian Media Market,"Japan Review of International Affairs, vol.12. no.2 1998,pp.93-109.
鈴木雄雅 ヨーロッパのメディアの歩み
コミュニケーション とは 研究社『新英和大辞典』(第5版)
E.M.Rogers コミュニケーション・チャンネルの特徴 安田寿明(訳)『コミュニケーションの科学』(共立出版、1992)
コミュニケーション・レベル 古田暁(監修)『異文化間コミュニケーション』
(有斐閣選書770、1996)
吉見ほか メディア技術の発達
大石 裕 日本社会におけるマス・メディア発達略史
NHK 日本の放送技術発達史 (NHK) NHK技術研究所
20世紀の歩み 抜粋年表(〜1994)
これなあに? メディア関係の資料(新聞、放送機材など)
       
日本のジャーナリズム史関連
       
    明治期のジャーナリスト (43人)  近代日本人の肖像(国立国会図書館)
鈴木雄雅 幕末明治の英字紙史考 ソフィア 34巻1号(85年)
鈴木雄雅 幕末・明治期の欧字新聞と外国人ジャーナリスト 『コミュニケーション研究』21(1991)
鈴木雄雅 「研究ノート ある英人発行者を追って―A.W.ハンサードの軌跡」 『コミュニケーション研究』23(1993)
鈴木雄雅 「日本最初の英字紙を創刊 A.W.ハンサードの生涯をたどる」  『新聞通信調査会報』 No.367
鈴木雄雅 開港場に新聞、英字紙の発達、幕末新聞の特色 『有隣』第395号(2000年10月10日)
早稲田大学 幕末明治のメディア展 早稲田大学図書館
初期の横浜の新聞 横浜開港資料館
鈴木雄雅 我が国初期の新聞紙 本学図書館に所蔵 『上智大学通信』293号(2003/7/15)掲載
朗文堂 本木昌造 (朗文堂)
NHK 新聞誕生〜幕末・ジョセフ彦の挑戦〜 その時歴史が動いた 第242回(06/02/01)
C.Wirgman と Japan Punch
J・ロガラ(山下仁美訳) チャールズ・ワーグマンが語る
横浜外国人居留地の生活
『有隣』第440号(2005年7月10日)
The Far East 雄松堂解説
  平田・岩倉・東 わが国におけるマス・コミュニケーション構造研究の方法論について 『新聞学評論』第12号(1962)
  長崎新聞社 長崎新聞120年の歩み   
春原昭彦 日本の新聞発達史 1995年 新聞資料
桂 敬一 明治・大正のジャーナリズム史年表 桂 敬一『明治・大正のジャーナリズム』(岩波ブックレット、1992年)
大新聞・小新聞
日新真事誌とJ.R.Black
岸田吟香記念館 岡山県久米郡美咲町
黒岩涙声 高知県立文学館
萬朝報 創刊号
萬朝報 小史
二六新報 創刊号(M261026) 不二出版
二六新報 小史
信濃毎日新聞史 信濃毎日新聞社
都倉武之 時事新報史 慶應義塾大学出版会
読売新聞 読売新聞小史 読売新聞社
朝日新聞 朝日新聞の歴史 朝日新聞社
毎日新聞 毎日新聞の歴史 毎日新聞社
春原昭彦 3.「日本の新聞人」「続・日本の新聞人」 日本新聞博物館 調査/コレクション
菊竹六皷(淳) 西日本新聞社
佐柄木 俊郎 『大阪朝日』時代の長谷川如是閑(序説 『コミュニケーション研究』35(2005/03)
鎌田 慧 反骨のジャーナリスト 朝日(02/04/10夕)
社説 宮武外骨 朝日(01/10/14)
NHK さわるな危険!宮武外骨〜反骨の闘士 時代と格闘す〜 NHK 歴史ヒストリア(09/07/01)
前坂俊郎 Cyber Media Space (人物研究・戦争報道・情報を見る) 静岡県立大学教授
田村 譲 桐生悠々 松山大学法文学部教授
雄松堂 『週刊ザ・ファー・イースト』 復刻版1912〜1923年
NHK 秘められたメディア戦略〜児玉源太郎 「その時歴史が動いた」第238回(05/11/16)
公文書にみる日露戦争特別展 アジア歴史資料センター
NHK シリーズ二・二六事件 1
シリーズ二・二六事件 2
「その時歴史が動いた」第39-40回(01/01/02/14,21)
NHK 我が言は、万人の声  〜太平洋戦争前夜、日本を揺るがした国会演説〜斉藤隆夫 「その時歴史が動いた」第135回(03/05/31)
NHK 真珠湾への道(山本五十六)」前編 「その時歴史が動いた」第239回(05/11/30)
真珠湾への道(山本五十六)」後編 「その時歴史が動いた」第240回(05/12/7)
沖縄戦61年 朝日 06/06/25
田村 譲 沖縄戦(1945/4〜6)
田村 譲 「沖縄県民斯く戦ヘリ」
  NHK 時代を伝えたアナの声  
    「日本降伏 前編 焦土に玉音が響いた」 5分間 「その時歴史が動いた」第334回(08/9/3) 
    「日本降伏 後編 9月2日 降伏文書調印」 5分間 「その時歴史が動いた」第335回(08/910)
NHK 二十世紀十大事件〜歴史を動かした決定的瞬間〜 「その時歴史は動いた」第32回(00/12/6)
NHK 歴史とテレビ〜時代を映した決定的瞬間〜? 「その時歴史は動いた」第354回(09/03/11)
NHK 最終回スペシャル 「その時歴史は動いた」第355回(09/03/18)
  NHK NHKアーカイブズカタログ  テレビ番組放送記録+番組小史1953〜1988
  NHK NHKドラマカタログ   

戦後ジャーナリズム事件史(1):1945-1980 鈴木雄雅
戦後ジャーナリズム事件史(2):1981-2006
昭和30年代 三種の神器 三洋電機のあゆみ から
三洋電機の沿革
外務省機密漏えい事件 朝日新聞記事 95/04/29
「多メディア時代のなかで ジャーナリズムについて考えるための良書 週刊読書人 2006年4月28日号所収
2005年マスコミ関係書回顧 週刊読書人 2005年12月23日号所収
2006年マスコミ関係書回顧 週刊読書人 2006年12月22日号所収
2007年マスコミ関係書回顧 週刊読書人 2007年12月28日号所収
2008年マスコミ回顧 週刊読書人  2008年12月26日号所収
北海道新聞 号外紙面
  東京新聞 号外  
朝日新聞社 記者行動基準 抜粋は朝日06/12/01掲載
朝日新聞社 国際シンポジウム「ジャーナリズムの力―試練と可能性 2006/10/13(金)東京国際フォーラム
NHKは何を伝えてきたか―NHKテレビ番組の50年 NHK放送50年史
前田 耕一 第1回「メディアに関する全国世論調査」(上) 『新聞通信調査会報』09/04 
第1回「メディアに関する全国世論調査」(下) 『新聞通信調査会報』09/05 
 上記論文の調査データ → 「メディアに関する全国世論調査」 結果 


戦争とジャーナリズム
土田元子 新聞報道の功罪−太平洋戦争への25年の論調 ソフィア 39巻4号(90年)
NHK これは正義の戦いか 〜ジャーナリストたちのベトナム戦争〜 その時歴史が動いた 第254回(06/05/31)
J. de Vera 国際紛争におけるニュース・メディアの役割 『ソフィア』93年(Vol.43 no.2)
蟹瀬誠一 アメリカを戦争に導いた男 総合ジャーナリズム研究95年秋号
武市英雄 ニュースとしての戦争  第11回日韓国際シンポジウム(2003/09/21)
鈴木雄雅 戦争とジャーナリズム 授業参考
イラク戦争とメディア:テレビは何を伝えたか 日本TV(2003/05/12)
女性従軍記者の36日間 日本TV(2003/04/28)
戦争とジャーナリズム文献
戦争報道の検証 J.リンチ事件(毎日03/11/25)/遺体報道(毎日04/04/20)
イラク戦争 米国防総省従軍取材ガイドライン(2003/02) 新聞研究2003/05
鈴木雄雅 書評 新聞と戦争 『週刊読書人』(08/11/21)

ヨーロッパのジャーナリズム/ジャーナリズム史
  英国ニュース
ダイジェスト
 英国で新聞読むための基礎知識  第1038号(2006/03/30)
     
     『英国ニュースダイジェスト』 イギリスの日本語新聞 
     外国ジャーナリズム(ヨーロッパ)参考文献  
イギリスの新聞史 大英博物館(BM) 新聞博物館
Newspaper Chronology, 1621-1977
ロイター ロイター通信の歴史 ロイター創立150年(2001年)の歴史 /ファイル内リンクはできません。
     Thomson Reuters の歴史は こちら  
   鈴木雄雅 新聞経営の先達者:ウォルター家と『ザ・タイムズ』(上)  コミュニケーション研究 No.40(2010)
   鈴木雄雅 新聞経営の先達者:ウォルター家と『ザ・タイムズ』(下)  未発表
     「世界の歴史とタイムズのあゆみ」  1788-2003年
書評 イギリス16・17世紀の新聞社会史 芝田正夫『新聞の社会史―イギリス初期新聞史研究』 (晃洋書房、2000年)
書評 The Encyclopedia of the British Press 1422-1992 丸善『學鐙』94年1月号
鈴木雄雅 マス・メディア企業の集中化 ソフィア 39巻3号(90年)
『新聞通信調査会報』 ヨーロッパのメディア動向
英国の新聞読者層 高木(新聞研究、1984)
英国メディアの諸様相 朝日、読売、サンケイなどからダイアナ事件
英国のメディアと民主主義 読売97年4月
『メトロ』創刊 毎日99/01/19
景品攻勢 過熱に警鐘 朝日04/10/06
BBCジャーナリズム大学 朝日06/06/14
門奈直樹 放送命令 英BBCの独立性見習え 朝日06/10/23
広瀬英彦 ロンドン―無料紙のホットシティーに JAFNA通信第50号(06/10/01)
「経営の安定」か「報道の独立」か 仏紙スト休刊 朝日08/04/22
通信社、ハト・馬で速報伝達 日経「けいざい楽校」(07/05/28)
イタリアのマス・メディアの現況 2006年当時+参考文献
  フランス ルモンド買収 政色の色 朝日2010年6月22日
    ルモンドの引受先 決定 朝日2010年7月1日
    France24h  
   イタリア 伊首相 メディアだたき 朝日2009年10月26日
    ベルルスコーニ首相 フリーメーソンが支援 朝日2011年3月10日
    伊も脱原発 朝日2011年6月14日


グローバリゼーションとメディア
金山 勉 グローバライゼーション時代のメディアとメディア報道 『社会正義』23号(2004)
鈴木雄雅 「日本報道と情報環境の変化−情報発信に関わった外国人ジャーナリスト」 『年報 近代日本研究−近代日本と情報』12(1990)
鈴木雄雅ほか 「マス・メディア企業の国際支配を考える」 『マスコミュニケーション研究』No.56(2000)
「国際コミュニケーション論の再考と展望(3)」 『コミュニケーション論』No.32(2002/3)
「国際コミュニケーション論の再考と展望(2)」 『コミュニケーション研究』No.31(共同執筆、2001/3)
「国際コミュニケーション論の再考と展望」 『コミュニケーション研究』No.30(共同執筆、2000/3)
Present Media Owner in the World (CJR) 世界のメディアオーナー
メディア界再編の波/米欧メディア再編の動き/苦境の米紙 朝日5/10 毎日5/12 朝日5/14
トムソン、ロイター買収/ロイター買収ほか 毎日5/16 朝日5/16 日経5/28(コメント)
R×R  マードック R25 no.145(2007/06/08)
米の広報外交 迷走 朝日05/04/22
鈴木弘貴 東アジア共同体 共通のニュース局作れ 朝日06/01/21
渡辺 靖 広報外交 慶応大学教授 朝日06/06/12
NHK国際放送 国益発言に反発 朝日08/04/02
原 麻里子 BBCワールド・サービス―こちらはロンドン 『ソフィア』2005年vol.54,no2, pp.65-93
鈴木弘貴 グローバリズム・ジャーナリズムの現状を見る TV報道に新たな動き@〜C 『メディア展望』09/05,07,09,11 
nippon.com 対日理解促進サイト
WikiLeaks  「暴露された機密情報」  NHK解説委員室(2010/12/06) 
  「機密告発サイト・ウィキリークスの衝撃」  クローズアップ現代(NHK2010/11/4)
新聞学評論 (1〜41号)/マス・コミュニケーション研究 (42号〜)
第39号(1990年) 「国際コミュニケーション論 国際コミュニケーション研究を振り返る」(鶴木眞)
第41号(1992年) 「国際コミュニケーション・メディア―構造の変化について」(川竹和夫)
第50号(1997年) 「国際コミュニケーション論」(本多周爾・白水繁彦)
第51号(1997年) 特集T「ポスト冷戦時代の国際コミュニケーション論」所収の4論文(鶴木眞・伊藤陽一・藤田博司・坂井定雄)
第58号(2001年) 特集「情報技術の進展とメディア秩序の変容」所収の4論文(内藤耕・山口秀夫・広瀬英彦・水越伸/金亮都/劉雪雁)
第72号(2007年) メディアとグローバリゼーション(マス・コミュニケーション研究:回顧と展望) 鈴木雄雅




鈴木雄雅ほか 世界のメディア2002 別冊新聞ダイジェスト(一部
News Corporation マードック
金山 勉 メディア戦略の狭間で揺れるCNN ソフィア Vol.47-3 No.187(98)

アジアのマス・メディア

鈴木雄雅 日韓のコミュニケーション研究の歴史と現状 2005/08/26-27 日中韓シンポジウム(基調講演)
鈴木雄雅 東アジアのマス・メディア:冷戦後の展開  (2000.9)
春原昭彦 韓国新聞にみる伝統と海外の影響 ソフィア 40巻第1号(91年)
鈴木雄雅 競争、BS、CATV・・・韓国メディア界の暑い季節 新聞通信調査会報』382号(94/9/1)
交流協会 台湾における対日意識調査(2008/12) 台湾 交流協会
    台湾における対日意識調査(2010/03) 同上

アメリカ/カナダのマス・メディア

武市英雄 アメリカの新聞創刊三百年 ソフィア 39巻4号(90年)
世界で最初のラジオ局 KDKA Pittsburgh, Pennsylvania, USA
NewsCorp アメリカ−イギリス−オーストラリア03
別府三奈子 アメリカのジャーナリズム 日本大学法学部
鈴木雄雅
Benjamin C.Bradlee A Good Life: Newspapering and other adventures 書評『学鐙』96年5月号
鈴木雄雅 「カナダ新聞史」 『新聞通信調査会報』 454(2000.9)
鈴木雄雅 新保満・田村紀雄・白水繁彦『カナダの日本語新聞』 書評 (PMC出版)
水元 利香 ブッシュ政権一期目を取材して ソフィア2005年夏季 Vol.54 No.2

オセアニアのマス・メディア
    オーストラリア研究のためのレファレンス・サイト   
    オーストラリア論文データベース(追手門学院大学)  
鈴木雄雅 オセアニア研究2012
鈴木雄雅 「R.マードックのメディア戦略――”ダーティー・ディッガー” から世界のメディア王へ」 『海外事情』(拓殖大学海外事情研究所)1999年9月号、pp.38-51. 年表なし
鈴木雄雅 変貌する太平洋島嶼地域 書評 三輪・西野『オセアニア島嶼国と大国』(彩流社、1990)
鈴木雄雅 「ニュージーランド新聞史(1)」 『新聞通信調査会報』 437(1999.4)
鈴木雄雅 「ニュージーランド新聞史(2)」  『新聞通信調査会報』 444(1999.11)
山田晴通 オーストラリアの地方都市アーミデールにおけるコミュニティ放送とナローキャスティング 東京経済大学
The History of Radio in Australia Excerpts from a lecture given by Dr. Jeff Langdon in 1995
日刊紙・地方紙発行部数2004
鈴木雄雅 豪州最古の新聞 シドニー・ガゼット 本学図書館に所蔵 『上智大学通信』292号(2003/6/15)
鈴木雄雅 19世紀オーストラリア植民新聞の生成過程 『コミュニケーション研究33号((2003/3)
オーストラリア・主要メディアオーナーの動向
オーストラリアの主要新聞系譜
鈴木雄雅 「オーストラリアのマス・メディア」 AUS@Study No.2(2002)
書評 J.ブレイニー『オーストラリア歴史物語』 (明石書店、2000年)
書評 藤川隆男『オーストラリア 歴史の旅』 (朝日選書、1999年)
鈴木雄雅 「オーストラリアのマス・コミュニケーション略年史:1788-1901」
『コミュニケーション研究』第26号(1996.3.25)
鈴木雄雅 「豪メディア最新事情二題」  『新聞通信調査会報』451(2000..6)
鈴木雄雅 「新放送下、変革の大波に揺れ動く豪放送界」 『新聞通信調査会報』378号(94/5/1)
鈴木雄雅 多言語社会の現実重視へ90年代の豪州放送界 『新聞通信調査会報』380号(94/7/1)
書評 三輪公忠(編)『オセアニ島嶼国と大国』


博物館/資料館
印刷博物館 東京都文京区
横浜開港資料館 神奈川県横浜市
新聞博物館(NEWSPARK)
 「ようこそニュースパークへ
/「日本の新聞人」「続」
神奈川県横浜市
NEWSEUM (Washington,USA)
琉球新報新聞博物館 沖縄市琉球新報社
沖縄戦新聞
新聞博物館 熊本市熊本日日新聞社
新聞関係法令集 上智大学新聞学科サイト
    北海道新聞 号外  
NHK 放送博物館
NHK放送博物館 所蔵資料 ラジオ、テレビほか機材の歩み
資料展示「新聞〜図書館で探す”その時”〜」 新聞関連資料リスト 大阪府立中央図書館 資料展示「新聞 〜図書館でさがす”その時”〜」平成20年2月15日〜3月2日
  Gutenberg Museum, Mainz  

IT/インターネット
ネット君臨第2部 IT立国の底流 毎日(07/03)
グーグル網 ネット席巻 朝日 06/06/16
水越 伸 ケータイ 東京大学助教授 読売06/06/14
ネット社会 読売06/06/14
湯川 鶴章 「IT産業の光と影」 『新聞通信調査会報』 No.511(2005/2)
読売 ITの本流ホンリュウ: ネットの裏表 読売新聞2004年5月11日〜5月20日連載(8回)
鈴木雄雅 「インターネットとプライバシー」 『家庭の友』99年4月号、pp.18-19.
鈴木雄雅 マルチメディア――コミュニケートする権利の拡大と落とし穴」  日経MIX(1995/1)
鈴木雄雅 「マルチメディア・フィーバーから考えること」 『ソフィア』 no.174(1995)
植田康夫 テレヴァイズドの時代シンポ:マルチメディアと社会情報) ソフィア 45-1(1995)
上原伸元 メディア融合と情報通信産業の変容 ソフィア no.218 55-2(2006)
       
     日本リアルタイム(日本語) 英語  WSJの日本関係ニュースサイト

私は貝になりたい(岡本愛彦、昭33) TBS テレビ史初期における名作
石坂昌三 映画の中の新聞記者 
鈴木雄雅 映画の中のマス・メディア コラム
消されたヘッドライン 2007年5月公開(ガイド)
上村 達男 見誤った会社の使命 毎日(06/06/11)
戸嶋龍太郎 無国籍投手 スタルヒン〜心の中の国境 ソフィア 214号(vol.54 no2 2005夏)
鈴木雄雅 2005年マスコミ関係書回顧 週刊読書人2005年12月23日号
2006年マスコミ関係書回顧  週刊読書人2006年12月22日号
2007年マスコミ関係書回顧 週刊読書人2007年12月28日号
2008年マスコミ関係書回顧
2009年マスコミ関係書回顧 (週刊読書人08/12/26)
この事実について述べよ 【岸田コラム】 小糸忠吾教授の教えから